Twitter bot を作ってみる②

前回アプリケーションの登録まで終わったら、次はアプリケーションの認証。

認証をすることで、連携アプリ一覧に登録されて、OAuth認証が可能になるようです。
今回作ってるbotは、自分専用で配布する予定がないので下記の方法で認証しました。

  1. 前回と同様にbotを動かすTwitterアカウントにログイン
  2. サイトヘッダーにある「API」をクリック
  3. 開発者向けのページに飛んだら、ヘッダにある「Your apps」をクリック
  4. 「現在登録されているアプリケーション一覧」が表示されるので、その中から該当するものをクリック
  5. “API Key”などのセッティング画面が表示されたら、画面右側にあるメニューより「My Access Token」をクリック
  6. 「Access Token」と「Access Token Secret」が表示されたら完了

この2つは、botの認証で使うので φ(*’д’* )メモメモ

やっとこれで、botの開発に入れます。
ってことで、次回へ続く。

現在登録されているアプリケーション一覧:

 

Twitter bot を作ってみる①

Twitter botに興味が沸いたの、遅ばせながらTwitterはじめました。

Twitter Botの作り方まとめ
このあたりを調べてみたら、bot作るのはそんなに難しくないみたい。
今の自分ならそんなに苦労せずに作れそう。
要は、外部鯖からcronで定期稼動させて、POSTでRESTデータ引っこ抜いて、処理した後にPOSTで返すだけ。
ってことで、早速取り掛かろう。(と言っても、時間ないから亀速度だろーけどw)

まずは、botの要件整理。
今回考えてるのはこんな感じのbot

  • geo機能搭載(どこどこJPを利用)
  • IPアドレスを拾って、判定結果をつぶやく

あ、2項で終わったw
まぁ、初めての制作だし、行き当たりばったりで軽く作りますか(いつものように)

ということで、早速登録申請

botを動かすTwitterアカウントにログインしてから、下記の順にページ遷移
設定 » 連携アプリ » 開発者の方へ » 新しいアプリケーションを追加

登録ページには下記の入力項目が出てきます。

  • アプリケーションのアイコン
  • アプリケーション名
  • アプリケーションの説明
  • アプリケーションのウェブサイトURL
  • 所属会社/団体
  • サイト
  • アプリケーションの種類
  • (コールバックURL)
  • Default Access type
  • Twitterでログインする

この中で入力必須なのが、「アプリケーション名」「アプリケーションの説明」「アプリケーションのウェブサイトURL」
それと、選択必須の「アプリケーションの種類」「Default Access type」

では、順番に入力。(後日編集可能なので結構適当にw)

アプリケーション名
ここが「○○で」と表示される部分らしい。因みに名前に「twitter」は使えないようだ。
どこどこツイート(仮)とする。
アプリケーションの説明
あとで変更すればいいので、『開発中。暫くお待ちください。』とでもしておく。(半角10文字以上必須)
アプリケーションのウェブサイトURL
そのアプリケーションの説明ページのURL。botの説明ページあたりにするべきなのだが、まだないのでひとまず自分のドメインを指定。
アプリケーションの種類
「クライアントアプリケーション」と「ブラウザアプリケーション」からの選択。cronで自動実行なので、クライアントアプリを選択。
Default Access type
「Read & Write」と「Read-only」がある。これから作るbotがデータを取得するだけなら、「Read-only」、POSTもするなら「Read & Write」。
ツイートさせるので「Read & Write」
Twitterでログインする
OAuth認証経由で利用なので、ここはチェック

最後に、画像認証をして保存。
これで登録完了。

 

筆が進まずorz

今年に入ってから、仕事が忙しくて全然自身のサイト運営が出来ない・・・
色々書きたい事はあるんだけどなぁ。

ネタだけは溜まるけど、
書けないでいると鮮度が落ちたり、モチベーションが低下したりで悪循環。
下書きばかり溜まってるw
(実はこれを書きながら、別の記事を下書き保存してたりするw)

何とかしないと。。。
こうして放置している間に、いつのまにかgoogleとYahoo!に拾われてるしw
知り合いにURLばら撒いて、更新しないといけない状況に追い込むかw

 

やっぱりIEは使えない・・・

IE8になって、CSSの解釈がずいぶん正確になったから早くシェアが伸びろ・・・って思ってたんだけど
今日CSSを書いていて、やっぱり使い物にならないことが判明。
たぶん普通に使ってる人には気がつかない所で欠陥がありました。

IE8になって、ボックスモデルの解釈が正しくなったと安心してたんだけど、どうやらまだオカシイ様子。
なんと、XPのIE8とVistaのIE8だと表示結果が異なります。
Mac版IEとWin版IEなら多少表示が違っても、
「いつものことか」 と思えるんですが、同じWinでまさかのバグ。

モダンブラウザ(火狐)を基準にCSSを組んで、VistaのIE8で確認すると、ほぼ正確に表示。
これをXPのIE8で確認すると、ズレた。(まぁ、私のCSSの組み方が間違ってただけかもしれないが・・・)

CSSは余り詳しくないのと、時間がなかったので検証が出来なかったが、float時にmarginの解釈がXP版はおかしくなるみたい。
IE6のfloat を指定した際の margin が2倍になってしまうバグと少し近い感じ。
だけど、IE6では崩れなかったので良くわからない・・・
あと、widthの指定もへんな感じになった。

とりあえず、Google先生に聞いてみたんだけど、該当する情報が見つからなかった。
仕方が無いので、横幅計算とmargins指定値を見直して、IE6のデザインを崩してから、IE6にはハックで対応させてみた。
そのうち時間があれば、検証したいな・・・

たぶん普通に使ってる人には気がつかない所で欠陥がありました。
 

まずは1歩から

サイトはじめます。

CMSとか今まで殆ど使ったことがないので、良くわからないけど勉強をかねて弄ってみようと思う。

設定とかデザイン・プラグインは使いながら調整していこう。

手すきの時に触るのでそんなに更新頻度は高くないとは思うけどw

 
 
 

Resources